真実の口チョコレート

bocca_della_verita_chocolate
真実の口チョコ

ローマの中央駅(テルミニ)から歩いて5分ほどのところにローマ三越があります。ツアーでイタリアに来た人は、最終日に空港に向かう手前で立ち寄るのでしょうか。

おみやげ探しに三越に寄ったのは平日午前11時、開店直後だったのですが、入口付近には日本人の人だかりが。様子を伺っていると、どうやら店員さんだか添乗員さんだかが、グループにお土産品の案内をしていました。

ナイスタイミングとばかりに耳を傾けて聞いていると、ジャパネットたかたの社長風のこの男性曰く、写真の真実の口チョコレートはローマ三越限定の商品らしく、どこぞの賞をとったチョコレートメーカーに特別に作ってもらったのだそうです。ちょっと気になったので小さい方の袋を購入しました(9ユーロ=約1000円)。

CIOCCOLATO_ARTIGIANALE_MARINA
真実の口チョコ ブランド

商品のタグに CIOCCOLATO ARTIGIANALE MARINA のHPが記載されていましたので見てみると、インカ風のロゴ(写真の金色の部分)、パッケージ化されていない粒のチョコレートなどから、カカオにこだわったチョコレートブランドであると思われます。サイトがイタリア語なので内容を読んでいませんが、雰囲気は伝わりましたw。

三越が依頼して作ってもらっただけあって、日本人のおみやげの好みのツボを押さえています。

transparent_wrap
真実の口チョコ(個包装)

まず、1粒ずつ個包装されていること。この包装があると、会社とかで同僚に1粒ずつ手渡しできるんですよね。逆に個包装が無いと、相手に1粒ずつ手でつまんでもらって、すぐに食べない人はそれをティッシュの上に置いたりして。

このチョコレートも、もう少し色気のある包装にすれば見栄えがするのですが、好意的に解釈すると、このチョコレートは形が命なので、それが一番良く見えるのが透明包装だったのでしょう。

shinjitsunokuchi_choco_milk
真実の口チョコレート(ミルク)

そして、見てくださいこの形。日本人ってこれ好きですよね。オーストラリアであればコアラ、シンガポールであればマーライオン、とにかくその国のシンボルが形になったお土産って、時代が変化しても常にド定番というか、売れ筋なんですよね。わたしも好きです。

shinjitsunokuchi_choco_white
真実の口チョコレート(ホワイト)

このような型に入れて作るチョコレートはモールドタイプと呼ばれますが、これなんかすごく手が込んでますよね。メリハリが出るようにホワイトチョコを黒いテーブルの上で撮影してみました。自分で撮影しておきながら、惚れ惚れしますw。

3つめのポイントは、アソートになっていること。1つの商品で色々な味が楽しめるのって、おみやげのような人にさしあげる物だとしても、訴求力アップしますよね。この真実の口チョコレートも3種類の詰合せです。上の写真がミルクチョコとホワイトチョコ。そして次の写真がダークチョコ(だと思います)。

shinjitsunokuchi_choco_dark
真実の口チョコレート(ダーク)

(笑)残念なことに、買ってすぐに食べなかったらブルーム(白化)してしまいました。ブルームとはブルーミングとも言いますが、チョコレートの油脂分が表面に浮いてきてしまうことです。日本で売られているチョコレートも商品パッケージの記載を良くみると、このブルームについて注記があるのがほとんどです。その記載のとおり、食べてもさしつかえありませんが、風味は劣ります。味というか、舌触りが何かザラザラするので、口福感が減るんですよね。

ちょっと脱線しますが、このチョコレートの表面のクレーターみたいなくぼみは、気泡によって出来たものです。モールドタイプのチョコは、液体のチョコレートを流し込んだ型を、製造ラインでよく振動させることで気泡が抜けるのですが、このメーカーはラインで作るような規模ではなく、1つずつ型に流し込んではモールドを冷蔵庫に入れてクーリングするようなお手製感覚で作っているのかもしれないですね。

横道に逸れたついでにトリビア話を1つ。チョコレートを日本へ商業輸入する場合、商品代金と輸送費を足した額の10%相当が関税として徴収されるのですが、ホワイトチョコについては砂糖菓子の扱いとなるため、関税は25%に跳ね上がります。今回紹介したチョコレートのようにミルク・ダーク・ホワイトの詰合せの場合、まじめな税関職員は少しでも高い関税を取ろうと色々質問してきます。そこで輸入業者はメーカーと予め商品スペックを取り決めしておき、ダーク4:ミルク4:ホワイト2のようにホワイトチョコの比率を少なくし、それをInvoiceにも記載することで、通常のチョコレートの税区分で申告するようにしています。へ~ ですね(笑)。何の気なく食べているホワイトチョコも、少し有難味が増して感じませんか?

shinjitsunokuchi_cholo_mini
写真右下が今回紹介した商品です

まとめると、ひさびさにこれは!と思うお土産に出会えましたが、1袋12粒入りで9ユーロなので、1粒あたり0.75ユーロ(約90円)、ちょっとお高いですね。味は美味しかったですが。