キャンティ クラッシコ

Chianti_Classico1
キャンティ クラッシコ
(Chianti Classico)

先日のタイトル「キャンティ赤ワインとは」でシレっと書いてしまいましたが、キャンティ(Chianti)には、クラッシコと呼ばれる種類があります。

イタリア屈指の銘醸地 トスカーナ」の中で、

Chianti(キャンティ)はフィレンツェの南に位置するワインの産地。この地区で栽培されるサンジョヴェーゼというブドウ品種を使った赤ワインがキャンティの名称で売られています

と説明しましたが、実はそのキャンティ地区の中でもさらに限定した地域で育てられたブドウでつくられたワインがクラッシコと呼ばれます。

キャンティ(Chianti)は、名称そのものがブランドとなっておりますが、クラッシコはそれと区別するために、ボトルに特殊なシールが貼られています。

それがコレ。

Chianti_Classico2
キャンティ クラッシコ ラベル

ドドンとアップでもどうぞ。

Chianti_Classico3
キャンティ クラッシコ(黒鶏のマーク)

黒いニワトリのマークです。

このように、地域限定のブドウでつくられたワインは、その地ならではの味わいを愉しめるため貴重とされています。

イタリアでは、このようなワインをD.O.C.G.(Denominazione di Origine Controllata e Garantita : デノミナツィオーネ・ディ・オリジネ・コントロッラータ・エ・ガランティータ)と格付けし、統制保証付原産地呼称ワインとして、その他のワインと区別されています。使用できるブドウの収穫地が広くなるほど格付けが下がります。まぁ下がると言っても風味が落ちるというものでもなく、広い地域のブドウを混ぜて使った方が品質にアタリハズレが無いというメリットもあります。なので、そのようなワインでも一般飲みのテーブルワインとして需要があります。

Chianti_flasco
再掲:キャンティ赤ワイン(クラッシコ)

では、キャンティ クラッシコと通常のキャンティ赤ワインはどれ程の違いがあるのかと言えば、お値段的には3倍もしませんので、まぁグフ(クラッシコ)とザク(キャンティ赤ワイン)程度の差とでも表現しておきましょう。青い巨星ことランバ・ラル大尉の名言、「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」を回想しながら飲んでいただくと、一層美味しく飲めるかと思います。