後悔しないお土産選び(カプリ島編)

前回、レモンチェッロ キャンディーについて書きながら思い出したことがあります。

それは、カプリ島でチョコレート菓子を買う場合には、タイミングに注意いただきたいということです。特に夏場。

lemon_chocolates
カプリ島土産 レモンのチョコレート

島内のお土産店には、こんな魅惑的なチョコレート菓子が売られています。写真の商品では、中段右側のタブレットチョコは値段も4ユーロ(約500円)とお手頃で、まとめ買いのお土産には好適です。

でも、太陽がさんさんと照り付けるカプリ島において、チョコレートは溶けが心配ですよね。

確実に避けた方が良いのが、“青の洞窟”に行く前に買い求めてしまうことです。

grotta_azzurra
青の洞窟の入場待ち

写真は、青の洞窟に入るための小舟を待ちながら船上で撮影したものです。こちらのサイトに注意喚起がありますが、この待ち時間が結構長いです。私は若干オフシーズンに入った9月に行きましたが、それでも40~50分待たされました。日にも焼けますし、小腹が減ったら食べようと鞄にしのばせていたチョコレートバーも溶け気味でした。

青の洞窟行きツアーに申込み、乗船まで少し時間があるようであれば、お土産店をひやかしながらアタリをつけておき、実際に購入するのは帰りのフェリーに乗る直前というのが後悔しないお土産選びのポイントです。記憶の片隅に置いといてもらえれば幸いです。