ペルジーナ直営のチョコレートショップ

Ciao! イタリアのお土産、おみやげアモーレです。

夏もすっかり過ぎ去り、心地の良い秋の風を感じられるようになりましたね。

さて、今回はイタリアはペルージャの老舗チョコレートメーカーPERUGINA(ペルジーナ社)の工場直売おみやげコーナーを紹介します。

ちょうど1年ほど前の9月、私は遠路はるばるペルジーナの工場見学に行ってまいりました。

perugina_factory
(再掲)ペルジーナ社のチョコレート工場

その時の事は、ブログ「Baci(バッチ)チョコレート工場への行き方」で、ローマからウンブリア州の首都ペルージャにあるペルジーナのチョコレート工場までの道程として書きましたが、今回はその続編として、工場併設のお土産品店に焦点をあててみます。 “ペルジーナ直営のチョコレートショップ” の続きを読む

Bacetti(バチェッティ)をお土産にもらったよ

Ciao! イタリアのお土産 おみやげアモーレです。

お盆休みも終わりましたね。連休を利用して海外旅行に行かれた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、どんなお土産を買ったり、もらったりしましたか?

筆者は、以前このブログでも紹介をした、イタリアみやげBacetti(バチェッティ)をもらいました。

bacetti_bag
Bacetti(バチェッティ)のおみやげ

休暇でイタリア旅行に行ってきた取締役が山ほど買ってきたようで、秘書さんがBacetti(バチェッティ)の袋片手に社内をまわっては1粒ずつ配っていました。 “Bacetti(バチェッティ)をお土産にもらったよ” の続きを読む

バッチチョコレートの現地価格

イタリアのおみやげとして人気のBaci(バッチ)チョコレートについて、あれこれとブログで紹介してきました。どこかに1粒で2度美味しいと銘打ったチョコレートがありましたが、あたくしもバッチチョコだけでよくここまで話を広げたものだと、自分自身で感心します。

まだまだネタは沢山あるのですが、ここまで書いておいて重要な関心事について触れておりませんでした。各記事をお読みいただいた方であれば、「で、ナンボなん?」と思われたでしょう。なぜそこだけ関西弁かはさておき、グーグルの検索窓にバッチチョコレートと打ち込むと、「バッチチョコレート」に続けて「現地価格」と検索候補が表示されますので、バッチチョコレートの現地価格はきっと世間での関心も高いものと思われます。 “バッチチョコレートの現地価格” の続きを読む

Bacetti バチェッティとは

前回、イタリアのキスチョコのタイトルで、1907年創業の老舗チョコレートメーカーPERUGINA社のBaci(バッチ)チョコレートを紹介しました。

このバッチチョコには弟分の商品が存在しています。それがBacetti(バチェッティ)。 “Bacetti バチェッティとは” の続きを読む

イタリアのキスチョコ

キスに味ってありますか?

なんて10代の若者が書くと微笑ましいものですが、アラフォーのオジさんが書くとイタさを通り越したピリオドの向こう側にいざなっている感じが満載です。

話を戻すと、キスの味の表現については人によって様々かと思いますが、世の中にはキスと名のついたチョコレートがあります。今回はキス•チョコレートについて取り上げ、キスとチョコレートの関係に迫ります。

▼イタリアのキスチョコはこちらへ

数あるキスチョコの中でも、おそらく世界で最も有名で販売量の多いものはコレでしょう。 “イタリアのキスチョコ” の続きを読む

Baci(バッチ)チョコレート工場への行き方

2017年となりましたが、新年初回はバッチチョコレートのメーカー「PERUGINA(ペルジーナ)」社の工場見学(前編)として、工場への行き方 についてポストします。 “Baci(バッチ)チョコレート工場への行き方” の続きを読む

バッチチョコレートとのコラボ商品

前回のポストはイタリアのお土産No1ブランドと銘打って、PERUGINA社のBaci(バッチ)を紹介しました。空港の免税品店を始め、街中のスーパーや駅の売店など、各所で販売されているバッチチョコレートは、まさにナンバーワンと称えるに相応しいブランドです。

今回は、また別の角度でバッチチョコレートの人気ぶりを紹介したいと思います。 “バッチチョコレートとのコラボ商品” の続きを読む

バッチチョコレート イタリアのお土産 No1ブランド

突然ですが、イタリアのお土産といえばどんな物をイメージしますか?

お酒好きの方であれば藁包みのフラスコボトルに入ったChianti(キャンティ)ワインを想起するかもしれません。グルメ志向の方であれば世界三大生ハムとして知られるパルマ産生ハムや、イタリアチーズの王様とも呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノなどでしょう。そして、スイーツに目のない方であれば、真っ先にジャンドゥーヤなど、ピエモンテ産ヘーゼルナッツを使ったチョコレートが思い浮かぶのではないでしょうか。

これまでお土産品バイヤーとして何度もイタリアを訪れ、各地方をまわってきましたが、イタリアで有名なおみやげを何か一つ挙げて下さいと言われれば、迷わずPERUGINA社のBaci(バッチチョコレート)と答えます。例えて言えば、北海道の「白い恋人」、沖縄の「紅いもタルト」。そのくらいメジャーなブランドなのですが、イタリア通を除けば、日本人にはその名はいまひとつ知れ渡っていないようです。百聞は一見にしかずですので、まずはどのような商品かをご覧ください。

(※バッチチョコレートの現地価格は別記事で紹介しております)

baci_airport_stand
Baci バッチチョコレート

“バッチチョコレート イタリアのお土産 No1ブランド” の続きを読む